Xtras.jp

- Director Can Do It ! -

English

Home | Xtras | Support | Links
Xtras
Support
Links

Xtras.jp では、Macromedia Directorの可能性を広げる'Xtra'についてご紹介します。

Whats's New

[2006/6/21]
WebViewer Xtra version 1.5.1 公開

  • 最新のWindowsUpdateをインストールすると、リンクのクリック時に不正終了する深刻な問題を修正。(Window版のみ)

[2005/12/2]
WebViewer Xtra version 1.5 公開

  • Save()およびSaveAs()スプライトメソッドを追加。ページ内容(html)の保存に対応。(Window版のみ)
  • NewWindow2()イベントハンドラ内で、新ページのURLとターゲット名を利用可能。
  • Navigation()スプライトメソッドでターゲットフレームが正しく指定できなかったバグを修正。
  • スプライトが隠れている状態でのリサイズが無効だったバグを修正。

[2005/5/7]
WebViewer Xtra version 1.4 公開

  • MacOSX 10.4 Tigerに対応。
  • versionキャストメンバプロパティを追加。実行時にWebViewer Xtraのバージョンを確認できます。
  • hideOnStartキャストメンバープロパティを追加。WebViewerスプライトの初期表示状態を制御できます。
  • cancelNavigationスプライトプロパティを追加。ページナビゲーションの抑制に利用できます。 これまでのBeforeNavigate2, FileDownloadハンドラの返値による制御はできなくなりました。注意: 下位互換性が崩れていることに注意してください。
  • cancelNewWindowスプライトプロパティを追加。新ウィンドウの抑制に利用できます。 これまでのNewWindow2ハンドラの返値による制御はできなくなりました。注意: 下位互換性が崩れていることに注意してください。
  • ビヘイビアの動作に関する問題など、いくつかの細かいバグを修正。

[2004/11/3]
WebViewer Xtra version 1.3 公開

  • Register()メソッドをキャストメンバーメソッドに変更。
  • scrollWidth, scrollHeight, scrollLeft, scrollTopスプライトプロパティを追加。独自のスクロールバーの実装に利用できます。
  • Macintosh環境でDirectorMX2004で作ったプロジェクタにXtraが隠されて見えなくなる場合があったのを修正。

[2004/9/26]
WebViewer Xtra version 1.2 公開

  • Show()、Hide()スプライトメソッドの追加 baseURLスプライトプロパティの追加。
  • Windows環境でavailableキャストメンバプロパティが正しく値を返すよう修正。
  • Windows環境でhtmlスプライトプロパティに長いサイズのテキストを与えると不正終了していたのを修正。

[2004/8/21]
WebViewer Xtra version 1.1 公開

  • ローカルのhtmlファイル(例: the moviePath & "test.html")を正しく表示するよう修正。
  • baseURLスプライトプロパティの追加。(Macintosh)
  • blendスプライトプロパティが利用可能。(Macintosh)
  • スプライトに1ピクセルの黒枠が表示されていたのを修正。
  • "mailto:"リンクが正しく動作するよう修正。

[2004/6/10]
WebViewer Xtra version 1.0 公開
Xtras.jp サイトオープン!